Manipulation of Cellular Functions Based on Materials Chemistry

The human body is formed from about 37 trillion of cells, and individual cells, or collective cells contribute to various life phenomena including diseases. Therefore, manipulation techniques for these cells at the “single-cell level” is expected to lead not only to understand unknown life phenomena, but also to develop fundamental treatment technologies for intractable diseases. We are working on development of various stimuli-responsive polymer nanomaterials, such as non-invasive near-infrared light or magnetic field and its application for manipulation of cellular functions.

材料科学による細胞機能の操作

人体は約37兆個の細胞から構成されており、個々の一細胞が、あるいはそれらの細胞が集団としてふるまうことで、疾患を含むさまざまな生命現象に寄与しています。そのため、これらの細胞の機能を一細胞レベルで操作する技術は、未知の生命現象の理解につながるだけでなく、治療法が確立されていない難病の根本的な治療技術の開発にもつながると期待されています。私たちは、生体に対して非侵襲な近赤外光や磁場に応答して熱や力学的刺激を与えることが可能な高分子ナノ材料を設計し、細胞にダメージを与えることなく効果的にその機能を操作できる技術の創出に取り組んでいます。