「マテリアルバイオロジー」 (Materials-Initiated Biology) は、材料の力で未知の生命科学を切り拓く、新しい研究の概念です。機能性高分子材料の医療応用は長年にわたって研究されており、その過程において、これらの材料が生命科学の謎を解くための有力なツールとなりうることが注目されてきています。私たちは、さまざまな特性を持つ高分子ナノ材料を作製して、細胞の中で起きている現象を「測る」 (Bioanalysis) ことや、細胞の機能を 「操る」 (Manipulation) こと、さらには材料と細胞の間に発生する “力” を科学する 「メカノバイオロジー」 (Mechanobiology) の研究に取り組んでいます。